不足しやすい鉄分、食事から摂るのも大変!
そんな時は鉄分サプリメントで簡単補給!粒が小さくて飲みやすい♪
公式サイトは以下の画像をクリック


薬で治す!重い貧血症状と対策方法

薬で貧血を治す

生理中の貧血の場合、治療薬で改善することができるのでしょうか?またそのお薬の種類や、副作用などがないのかなどを、調査してみましたのでご紹介します。

 

生理中の貧血を治したいと考える場合、どの治療薬が効き目があるのでしょうか?
まず鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分が摂れるお薬が効果的ですが、どの様なお薬を飲めば貧血が早く改善されるのでしょう。

 

貧血の状態が改善されるためには、鉄剤を医師に処方してもらうことをおススメします。鉄剤には色々な種類がありますが、一般的にはクエン酸第一鉄ナトリウムを成分としたフェロミア錠が広く用いられます。

 

服用するにあたり、注意事項を守らなければなりません。例えばコーヒーやお茶と一緒に鉄材の薬を飲まないこと。まれに副作用として、吐き気や下痢、便秘などの胃腸症状が現れやすいです。その他の副作用として便が黒くなることがあります。頻繁に気分が悪くなるようであれば、静脈注射や点滴などの鉄分投与が行われます。

 

市販薬では、小林製薬の「ファイチ」に人気が有り、日本臓器製薬の「マスチゲンS錠」も鉄分補給に良いお薬です。どの薬も鉄分補給にはピッタリなお薬です。しかし毎日に飲み続けるとなると、出費も高額になりますね。

 

この鉄剤を服用することだけで、完全に貧血が治るわけではありません。しかし、鉄分を補う肉類やお野菜はしっかり食べた上で、これらの錠剤を飲用してみると更に効果が上がり、辛い貧血状態とお別れすることが出来ますね。