不足しやすい鉄分、食事から摂るのも大変!
そんな時は鉄分サプリメントで簡単補給!粒が小さくて飲みやすい♪
公式サイトは以下の画像をクリック


貧血がひどい場合に行く病院の選び方

生理前の貧血で病院にいくなら

生理中に貧血の症状がひどく仕事も休みがちな人は、どの病院に行って相談してみると良いのでしょうか?例えば、生理中ではなく通常でも貧血が有る場合と、行く病院は違うのかを調べてみました。

 

一般的に貧血が有る場合受診する病院は内科で良いと思います。内科で血液検査をしてもらい、貧血の原因が何で有るのかを調べてもらうと良いでしょう。

 

鉄欠乏性貧血であれば、深刻な病気ではないのですが、続発性貧血や溶血性貧血など他の病気も絡んでの貧血の場合がありますので、軽く見ないでしっかり検査されることをおススメします。

 

軽い貧血でしたら、薬を処方してもらい治る場合がありますが、重症の場合毎日行われるのが、静脈注射で増血剤を打ちます。もっと重症化になると入院と言う事にもなりかねません。

 

貧血くらいは放置していても自然に治るだろうと決めていると、とんでもない重症になることもあります。貧血とは血液中のヘモグロビンと言う酸素を運ぶトラックの数が少ないと言う状態で、全身の酸素不足を起こしたり、その酸素不足のため、心臓も普段よりたくさん働く事があります。

 

その為、動悸や息切れ起こることも有ります。普段よりたくさん働いている心臓は常に無理が掛かった状態で、軽い心不全になっている場合が有るそうです。

 

貧血の人は普段から心臓が全速力で働いているので、かなり他の臓器にも迷惑を掛けたことだろうと思いますが、この様に軽い心不全になると足がむくみ症状も見られます。

 

生理の量が多く貧血の症状が出たら、もちろん内科の病院でも良いのですが、婦人科の方に診察を受けに行く人も増えています。