不足しやすい鉄分、食事から摂るのも大変!
そんな時は鉄分サプリメントで簡単補給!粒が小さくて飲みやすい♪
公式サイトは以下の画像をクリック


生理中の貧血によるめまいは鉄分不足かも?

生理前の貧血とめまい

生理前や生理中にめまいや立ちくらみが起こる女性は多く、その悩みは仕事への影響や家庭での家事や育児が難しいなど深刻です。

 

 

 

 

何故、生理中にめまいや立ちくらみなどが起こるのでしょうか?

そのめまいや立ちくらみの原因は何であるのかを調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

生理中のめまいや立ちくらみの原因は貧血であると言われていますが、何故貧血になるのでしょうか?生理前や生理中の貧血は一般的な貧血とは異なります。

 

生理中の貧血は、本来脳に行くはずの血液が子宮に集まることで、脳の血液の供給量が足らなくなることから起こると言われています。この貧血は虚血性貧血と呼ばれているもので、生理が終われば貧血も治まります。

 

しかし毎月の生理で出血が重なり、食事の偏りやダイエットなどで鉄分不足になり、鉄欠乏性貧血にもなりやすいとも言われています。鉄欠乏性貧血の場合口角が炎症を起こしたり、爪が割れやすくなります。

 

 

また、下瞼を引っ張って瞼の内側が白っぽくなっている場合は貧血の可能性が大いにあります。どちらにしても女性は貧血になりやすく、日頃の食生活の見直しなどが必要です。

 

成人女性の約10%の人が鉄欠乏性貧血で、約40%が貧血予備軍と言われていて、貧血はじわじわと進行していきます。それは健康な女性であれば毎月生理が有りますので、出血で自然と鉄分が持ち出されて行くことも、原因のひとつですが、加工品やインスタント食品などの多い食生活にも問題があります。

 

3度の食事を栄養のバランスが整ったものを食べることを心がけて、鉄分不足を解消できるようにしましょう。